むち打ち症の後遺症認定と弁護士相談

後遺症認定むち打ちの症状でも場合によっては、「後遺症認定」がされ、慰謝料が増額される可能性があります。ライプニッツ係数により、労働力が失われた割合が決まっているため、1級から14級の認定の中で、むち打ちの症状によって12級か14級の認定がされる可能性があります。後遺症が認定されると、数十万円から200万円近い賠償額となるため、該当する可能性がある方は、安易に申請を放棄するべきではありません。

保険会社が後遺症認定の手続きを代行してくれる制度もありますが、実際に認定されるのは被害者側が専門の社会保険労務士や弁護士から手続きをしてもらったときのほうが認定される可能性が高いのが現状です。もし、後遺症の認定を考えているのでしたら、交通事故を専門に取り扱っている弁護士に早めに相談をすることをおすすめいたします。後遺症認定の手続きに関しては、医師に専門の診断書を書いてもらうことが必要です。また、どのような点に注意しなければならないのか、など一部専門性が高い部分があります。その点も含めて、早い段階で医師に相談して対応をしてもらうようにするとよいでしょう。後遺症認定は交通事故の補償の中でかなり大きな金額となる可能性があるだけに安易にあきらめずに専門の弁護士に相談をして解決を図るようにしてみてはいかがでしょうか。


むち打ち症と症状固定

むち打ち症は、一定期間治療をしたとしても、完全に完治せず、一部に後遺症が残ってしまうことがあります。この状態を「症状固定」と呼びます。一度、この状態になってしまうと、治療を継続したとしても完治しない、と判断されている段階になります。もし痛みが残っているのでしたら、正直に「首のどこが痛い」ということを医師に伝え、治療を継続してもらえるようにしましょう。治療期間は、リハビリなどの治療に専念し、無理をしないで、適切な治療を心掛けるようにしましょう。

症状固定症状固定の判断は、医師が治療を継続したとしても完治が難しいと判断した段階によります。おおよそ3カ月から半年程度が目安となっていますが、ケースによって違います。しかし、保険会社は「自賠責基準」の範囲内で治療や慰謝料などの支払いを完了させようとするため、早い段階で治療を打ち切りにしようと進めてきます。保険会社から「そろそろ症状固定の段階」だから、治療を打ち切りたい、と話を進められたら、もし痛みが残っている、保険会社の対応に不満がある場合には安易に妥協してはいけません。交通事故の専門の弁護士に相談し、本当に治療終了が妥当なのかをよく相談してみるとよいでしょう。


むち打ち症の症状は複雑

むち打ち症の症状は複雑で、首の痛みのほかにも、頭痛、手のしびれ、肩の痛み、吐き気、めまいなど、様々な症状がみられます。事故の当日にはそれほど目立った症状を感じなかったとしても、後日になって症状が顕著にみられることも珍しくありません。症状を放置しておくと、病状が重篤化し、首回りの筋力が硬直してしまっていることがあります。この段階になると、なかなか治癒、もしくは症状固定まで時間がかかってしまいます。

むち打ちむち打ちは、外見からすると「目立った傷がない」ため、ほかの方にはあまりそのつらさを理解してもらえないことがあります。しかし、そのまま放置してしまうと、病状がひどくなってしまい、痛みがひどくなる、筋肉の硬直が目立つ、などで治療に結果的に時間がかかってしまうことがあります。そうならないためにも、早い段階で専門医から適切な治療を受けることをおすすめいたします。症状を放置してしまうと、決して病状としてもよくありません。もし、痛みがひどいのであれば、しっかりと病状を医師に伝え、治療をしてもらうようにしましょう。つらい症状や、事故後目立った症状が見つかった場合には、その点も含めて適切に伝え、治療をしてもらうようにしてください。


交通事故のむち打ち症について

交通事故交通事故で追突され、頚椎に強く衝撃を受けると、通称「むち打ち」と呼ばれる頚椎捻挫などの症状がみられることがあります。これは、一度、症状が固定されてしまうと、なかなか完治することなく、症状がかなり重篤になってしまうこともあります。当サイトでは、交通事故のむち打ち症について詳しく解説していきます。

むち打ち症は、症状がひどくなると、吐き気、めまい、頭痛、手のしびれなど、様々な症状がみられ、日常生活に多大な影響がみられることも少なくありません。そのまま放置してしまうと、健康上の危険も十分に考えられます。早い段階から専門の弁護士に相談する、症状について、正しい損害請求の権利を確認することをおすすめいたします。慰謝料、休業損害、治療に関する補償などを今後、請求していくことになります。これらの手続きは、保険会社が提示する基準と自賠責基準、弁護士基準で違います。

むちうちは、因果関係をはっきりと認定するための「画像所見」が見つからず、そのために保険会社から治療を打ち切りにされてしまうことがあります。安易に同意してしまうと、治療中止の手続きを被害者の都合で認めたことと判断されてしまうため、治療費や後遺症の認定について、不利益を被る可能性は十分にあります。もし、むち打ちの症状がはっきりと現れているにも関わらず、保険会社から治療打ち切りの話を切り出された場合、安易に妥協せず、専門の交通事故対応をしている弁護士に相談してみる方法をおすすめいたします。