むち打ち症の後遺症認定と弁護士相談

後遺症認定むち打ちの症状でも場合によっては、「後遺症認定」がされ、慰謝料が増額される可能性があります。ライプニッツ係数により、労働力が失われた割合が決まっているため、1級から14級の認定の中で、むち打ちの症状によって12級か14級の認定がされる可能性があります。後遺症が認定されると、数十万円から200万円近い賠償額となるため、該当する可能性がある方は、安易に申請を放棄するべきではありません。

保険会社が後遺症認定の手続きを代行してくれる制度もありますが、実際に認定されるのは被害者側が専門の社会保険労務士や弁護士から手続きをしてもらったときのほうが認定される可能性が高いのが現状です。もし、後遺症の認定を考えているのでしたら、交通事故を専門に取り扱っている弁護士に早めに相談をすることをおすすめいたします。後遺症認定の手続きに関しては、医師に専門の診断書を書いてもらうことが必要です。また、どのような点に注意しなければならないのか、など一部専門性が高い部分があります。その点も含めて、早い段階で医師に相談して対応をしてもらうようにするとよいでしょう。後遺症認定は交通事故の補償の中でかなり大きな金額となる可能性があるだけに安易にあきらめずに専門の弁護士に相談をして解決を図るようにしてみてはいかがでしょうか。