交通事故のむち打ち症について

交通事故交通事故で追突され、頚椎に強く衝撃を受けると、通称「むち打ち」と呼ばれる頚椎捻挫などの症状がみられることがあります。これは、一度、症状が固定されてしまうと、なかなか完治することなく、症状がかなり重篤になってしまうこともあります。当サイトでは、交通事故のむち打ち症について詳しく解説していきます。

むち打ち症は、症状がひどくなると、吐き気、めまい、頭痛、手のしびれなど、様々な症状がみられ、日常生活に多大な影響がみられることも少なくありません。そのまま放置してしまうと、健康上の危険も十分に考えられます。早い段階から専門の弁護士に相談する、症状について、正しい損害請求の権利を確認することをおすすめいたします。慰謝料、休業損害、治療に関する補償などを今後、請求していくことになります。これらの手続きは、保険会社が提示する基準と自賠責基準、弁護士基準で違います。

むちうちは、因果関係をはっきりと認定するための「画像所見」が見つからず、そのために保険会社から治療を打ち切りにされてしまうことがあります。安易に同意してしまうと、治療中止の手続きを被害者の都合で認めたことと判断されてしまうため、治療費や後遺症の認定について、不利益を被る可能性は十分にあります。もし、むち打ちの症状がはっきりと現れているにも関わらず、保険会社から治療打ち切りの話を切り出された場合、安易に妥協せず、専門の交通事故対応をしている弁護士に相談してみる方法をおすすめいたします。