むち打ち症の症状は複雑

むち打ち症の症状は複雑で、首の痛みのほかにも、頭痛、手のしびれ、肩の痛み、吐き気、めまいなど、様々な症状がみられます。事故の当日にはそれほど目立った症状を感じなかったとしても、後日になって症状が顕著にみられることも珍しくありません。症状を放置しておくと、病状が重篤化し、首回りの筋力が硬直してしまっていることがあります。この段階になると、なかなか治癒、もしくは症状固定まで時間がかかってしまいます。

むち打ちむち打ちは、外見からすると「目立った傷がない」ため、ほかの方にはあまりそのつらさを理解してもらえないことがあります。しかし、そのまま放置してしまうと、病状がひどくなってしまい、痛みがひどくなる、筋肉の硬直が目立つ、などで治療に結果的に時間がかかってしまうことがあります。そうならないためにも、早い段階で専門医から適切な治療を受けることをおすすめいたします。症状を放置してしまうと、決して病状としてもよくありません。もし、痛みがひどいのであれば、しっかりと病状を医師に伝え、治療をしてもらうようにしましょう。つらい症状や、事故後目立った症状が見つかった場合には、その点も含めて適切に伝え、治療をしてもらうようにしてください。