むち打ち症と症状固定

むち打ち症は、一定期間治療をしたとしても、完全に完治せず、一部に後遺症が残ってしまうことがあります。この状態を「症状固定」と呼びます。一度、この状態になってしまうと、治療を継続したとしても完治しない、と判断されている段階になります。もし痛みが残っているのでしたら、正直に「首のどこが痛い」ということを医師に伝え、治療を継続してもらえるようにしましょう。治療期間は、リハビリなどの治療に専念し、無理をしないで、適切な治療を心掛けるようにしましょう。

症状固定症状固定の判断は、医師が治療を継続したとしても完治が難しいと判断した段階によります。おおよそ3カ月から半年程度が目安となっていますが、ケースによって違います。しかし、保険会社は「自賠責基準」の範囲内で治療や慰謝料などの支払いを完了させようとするため、早い段階で治療を打ち切りにしようと進めてきます。保険会社から「そろそろ症状固定の段階」だから、治療を打ち切りたい、と話を進められたら、もし痛みが残っている、保険会社の対応に不満がある場合には安易に妥協してはいけません。交通事故の専門の弁護士に相談し、本当に治療終了が妥当なのかをよく相談してみるとよいでしょう。